【神戸】口コミでも評判と話題のサービスを厳選!おすすめの振袖・着物レンタル業者をランキング形式でご紹介します!

黒の振袖が似合うのはどんな人?着こなし方のコツについて解説!

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/04/11


振袖は暖色系の明るい色で華やかに女性らしさを、というイメージですが、実は黒もおすすめです。寒色系や黒は地味な印象かもしれませんが、先入観をなくせば本当に似合う振袖が見つかるかもしれません。本記事では、黒の振袖のバリエーションや、色が与える印象・着こなすコツもご紹介します。

黒の振袖が与えるイメージ

一般的に黒は目立たない印象ですが、色や柄との合わせかたで雰囲気が変わります。せっかくの振袖はかわいく着たいから、最初から「黒はNG」の前に、合わせかたの例を見ていきましょう。

黒と紅白で艶っぽく

襟元は黒、袖や裾に向かって白地にぼかしが入り、赤いバラの花が描かれているものは、クールながら艶っぽい印象に。帯を紅白でまとめると統一感が出て知的な雰囲気にもなります。

あえて差し色に使う

全体は赤やきみどりなどで菊や牡丹の花、流水などが華やかに描かれたものに、襟元や袖に差し色として黒が入ります。すると、全体が柄の場合よりグッと引き締まった印象に。派手な色と合わさることで黒も柄も互いに引き立ち、ひときわ目立つ存在になります。

古典柄と合わせて上品に

黒地に竹や松竹梅など控えめで古典的な柄が描かれれば、上品に仕上がります。優しい色使いの柄で黒地の割合がやや高いので、黄色やゴールドメインなどゴージャスな帯締めと好相性です。髪柄や髪飾りも古典的にまとめたり、ざっくり編んだ三つ編みにしたりするのも甘さが出ておすすめです。

赤の差し色で大胆な印象に

袖や裾など広範囲に地色・大ぶりな柄が赤で描かれ、袖や裾の一部に白と黒のダイヤ柄がさりげなく描かれると大胆な印象です。全面赤よりも黒とのコントラストが出て目を惹くでしょう。大胆な印象なので帯締めは白などシンプルにまとめてもよし、思いきって黄色やきみどりが入ったものを合わせても個性的です。

青系との組み合わせでクールに

黒地に、蝶や牡丹が青や緑で描かれるとクールな印象です。爽やかでスッキリとした装いのため、帯は思い切ってピンクにすると女性らしさも演出できます。振袖と同じ寒色系でまとめてクールに振り切っても存在感が出せるでしょう。髪型はショートスタイルでカッコよく合わせたり、ロングなら大きめに巻いてダウンスタイルにしたりするなどバリエーションが広がります。

黒をメインでハンサムに

ワンポイントで花柄が入るなど色を極力控え、黒をメインにすれば媚びないハンサムスタイルになります。普段着がかわいい雰囲気なら、あえてギャップを狙うとインパクトがあるでしょう。帯も徹底してモノトーンでまとめるのも素敵です。

黒の振袖が似合うのはどんな人?

黒はクールな印象なので、顔立ちがはっきりしている、強さや芯があるタイプの人におすすめです。しかし、合わせる色や柄、とくに胸元から顔周りに入る色で相性は決まります。黒でも可愛らしさを出したいなら赤やピンク、柄も大胆すぎないものを選ぶなど、楽しみ方が広がるでしょう。また、帯や小物とのコーデイネート次第で、かっこよくもかわいくも思いのままです。

黒の振袖を上手に着こなすコツ

黒の振袖はどんな人にも似合うことがわかりましたが、具体的な着こなしのコツをご紹介します。

パーソナルカラーを取り入れる

肌や瞳の色味により、相性がいい色をパーソナルカラーといいます。瞳の色が濃いなら寒色系が引き立つなど、根拠に基づき診断し、相性がいい色を取り入れましょう。

黒の割合を考える

色の特性上、黒の割合が高いほど強く引き締まった印象を与えます。身長が高めの人は黒の割合が多くてもスタイリッシュにまとまるでしょう。また、体型が気になる人は引き締め効果で普段よりスッキリ着こなせます。

一方、小柄や華奢な人はより小さく細く見えてしまうため、黒は差し色程度で全体が明るめのものを選びましょう。

顔まわりの明るさ対策を

黒は光を吸収するため、顔まわりが暗くなりがちです。同じ黒でも洋装はパールなどアクセサリーでカバーできますが、和装の場合は使えません。しかし、和装では肌着や汚れ防止のための長襦袢で対処できます。

長襦袢に縫い付けて使用する「半襟」、襟に挟み込む「重ね襟」で工夫しましょう。白や柄付きの半襟、重ね襟はフリルやパールがついたものなどアレンジ自在です。髪飾りもゴールドや明るい色のものを検討し、メリハリをつけましょう。

まとめ

黒は普段着では身近で取り入れやすい色ですが、振袖は候補に上がりにくい傾向です。しかし、合わせる柄や色、黒の割合などを考えると取り入れやすく誰にでも似合う色です。高身長なら黒の割合が多めでもかっこよく着こなせます。また、体型が気になるなら特有の視覚的な引き締め効果も期待できるでしょう。一般的に、招待された結婚式では黒の振袖での出席は避けたほうが無難です。理由としては挙式親族が黒の留袖を着ていた場合に紛らわしいためです。

しかし、成人式ならほかの人より目立ち、差をつけられます。レンタルなら色別に多数紹介してくれるため、きっと自分に合う黒の振袖が見つかるはずです。パーソナルカラーを取り入れ、帯や髪飾りなどアレンジも楽しみましょう。

【神戸】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ神戸ユースマイルゆうび苑花總きものギャラリージョイフル恵利
おすすめの特典ヘアメイク相談会プレミアム試着長期レンタルオーダーメイドの振袖新品和装小物プレゼント
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
振袖やレンタル業者選びの豆知識