【神戸】口コミでも評判と話題のサービスを厳選!おすすめの振袖・着物レンタル業者をランキング形式でご紹介します!

振袖には安いものと高いものがあるけれど、その違いは何なのか?

公開日:2023/08/15  最終更新日:2023/06/16

比較

成人式で振袖を着るのは、着る本人や母親などの楽しみです。振袖を選ぶ場合、購入やレンタルすることになりますが、柄や色などが好みであることはもちろん、高い振袖を着てみたい、レンタルでも安っぽいものは着たくないといった方もいるでしょう。今回は振袖の値段の違いやチェックの仕方などについて、紹介します。

振袖を選ぶなら知っておきたい!安い振袖と高い振袖の違いとは

振袖を選ぶ前に、安いものと高いものの違いをある程度知っていると、振袖選びの参考になります。ポイントについてまとめました。

主なポイント

安い振袖と高い振袖の大きな違いは、4つあります。記事の素材や縫い方、染め方です。また、証紙があるかも重要なポイントです。

簡単な見分け方

成人式の振袖によい振袖を選びたいと思っても、専門的な知識がないと、いざ質問しても理解できないこともあります。そのため、ある程度価格を参考にするのと、生地の素材がポリエステルか正絹か、着物の柄が縫われているかプリントかくらいは、チェックするとよいでしょう。

安い振袖と高い振袖は素材やデザイン、サービスが違う

振袖を見分けるポイントについて詳しく解説します。

素材

まず着物に詳しくない方でも確認しやすいのが、着物の生地です。高い振袖に使われる素材は正絹といって、絹が使われています。また低価格の振袖では、ポリエステルの振袖がポピュラーです。ポリエステルは普段の洋服にも使われているので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

安価な素材であり、大量生産できるものです。そのため、ポリエステルの振袖は、値段的に安いものが多いです。ポリエステル素材のものは自宅で洗うことができるのがメリットなので、着付けの練習着や外出着によく利用されます。

しかし、成人式の振袖は、あまり安っぽいものを避けたいでしょう。その場合は、ポリエステルではなく、正絹の振袖を選ぶとよいでしょう。また、生地を縫い合わせる糸の数が多いかどうかも、着物の安い、高いを分けるポイントになります。

高い着物は縫い方が丁寧であり、縫い方も細かいため、糸の数が多くずっしりとした重みがあるのが特徴的です。そのため、安くて軽い生地は着る分には重さがなくてよい反面、多少安っぽさが感じられるかもしれません。

デザインや柄

生地の柄も振袖の値段に大きく関係してきます。職人が手で生地を絞って絞り加工をしたり、柄を織ったりしたものは手間がかかっているため、値段も高くなります。一方、機械を利用したプリントだと手間がかからず、大量生産できるため、値段は安いです。

サービスが違う

低価格な振袖の場合はクリーニング、シミ抜きなどのアフターサービスがついておらず、希望する際は有料の場合が多いです。高級な振袖は、アフターサービスつきのことがほとんどです。また、低価格の振袖の場合は、帯や小物などがすでにセットになっていて、自分で好きなものを選べないケースもあります。

振袖選びで失敗しないために!安い振袖と高い振袖のポイント

成人式は一生に一度のイベントです。振袖選びに失敗しないためのポイントについて詳しく解説します。

証紙をチェックする

着物には、その着物が本物であることを示した証紙という紙があります。たとえば、伝統的な染め方の加賀友禅、京友禅といった染め方の着物には、証紙が貼られています。証紙をチェックすれば、着物に詳しくなくても、ある程度価値があるかどうかの判断材料になります。

裏側をチェックする

プリントではなく、手作業で染められた振袖が着たい場合は、生地の裏側をチェックしてみましょう。インクジェットプリントは、生地の表のみにプリントするため、裏側にはプリントがなく白いままとなっています。

重さをチェックする

丁寧に縫われた振袖は糸の重さの分、ずっしりとした重厚さを感じることができます。安さを重視した振袖は、価格を安くするため、糸も節約しており、縫い方が高級なものと比べると雑に感じられるかもしれません。振袖を持ってみて、重さをチェックするのもよいでしょう。

自分に似合うものが一番

振袖は色や柄が大きく異なるので、どんなものが似合うのか、着てみるまで分かりません。小物でもイメージが変わります。振袖は予約シーズンになると人気のものから購入されたり、レンタルされたりしていくので、たくさんの選択肢のなかから振袖を選びたい方は、早めに振袖選びをスタートしましょう。

高い振袖は重厚感や高級感がありますが、低価格の振袖も費用節約になるので、その分卒業旅行などにお金をまわすことが可能です。価格にこだわりすぎずに、試着してみて自分に似合うものをチョイスすることも大切です。

まとめ

振袖は最高級のものだと200万円ほどになります。手間がかかる絞り染めである、有名な作家の作品である、国産の生地を使っているなどすると値段が高くなります。200万円というと車が買える価格ですが、振袖はきれいに保存しておけば、年代が経過しても価値がつくでしょう。

自分だけが着るのではなく、子どもや孫まで引き継ぐことを考えて、高級な振袖を買うのも選択肢のひとつです。振袖の試着に行ってみて、安いものと高いものをある程度見分けたい場合は、素材や証紙の有無、染め方などをチェックするとある程度判断することができるでしょう。

しかし一番は値段の高い安いではなく、その振袖が似合っているかどうかです。早めに振袖探しをすることで、多くの選択肢から振袖を選べます。なるべく早く行動するようにしましょう。

【神戸】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ神戸ユースマイルゆうび苑花總きものギャラリージョイフル恵利
おすすめの特典ヘアメイク相談会プレミアム試着長期レンタルオーダーメイドの振袖新品和装小物プレゼント
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
振袖やレンタル業者選びの豆知識