【神戸】口コミでも評判と話題のサービスを厳選!おすすめの振袖・着物レンタル業者をランキング形式でご紹介します!

ぽっちゃり体型は振袖が似合う理由と着こなしのコツ

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/07/01

成人式などで振袖を着るとき、より美しく着こなしたいと思う方は多いと思います。振袖は、世間で言われているスタイルの良い体型の方ばかりが似合うわけではなく、ぽっちゃり体型の方は振袖が似合うとされています。

そこで今回は、ぽっちゃり体型の方の振袖が似合う理由や着こなし方のコツを紹介していきます。

振袖にぴったりの体型とぽっちゃり体型との関係性

振袖は、日本の古い歴史からの伝統的な服装とされており、本来は日本人の体型や雰囲気にぴったりなものとされています。そのため、日本人が持つ魅力を最大限に引き出してくれるため、本来は誰もが自信を持って着ることができる服です。

一般的に振袖を美しく着こなせる特徴は「なで肩」「首は細めで長いこと」「腰の位置が低いこと」「凹凸がないこと」などが挙げられます。なぜならば、振袖はやさしい雰囲気に似合うデザインとなっているために「なで肩」、襟元とうなじがきれいに見えることから「首は細めで長いこと」、帯の位置が低くなると振袖のデザインがしっかりと見えることから「腰の位置が低いこと」、身体のラインをはっきりさせないことでまっすぐになり、振袖の絵柄がきれいに見えることから「凹凸がないこと」と言われているからです。

ここで注目したい点は「凹凸がないこと」です。細身な体型の方では、凹凸をなくすためにお腹部分に大量のタオルを巻く必要があることや、凹凸がくっきりしすぎてしまうことで品がない、貧相な雰囲気になってしまいやすくなります。

そのため、着こなしやすく、振袖などの雰囲気をそのまま表現しやすいのはぽっちゃり体型の方と言えます。足が長く、身体のラインがくっきりしていて、細身のスタイルが良いと言われている一般的なファッションと違い、振袖を美しく着こなせる体型は注目すべきポイントが異なるということです。

振袖が似合うのは、いかに振袖のデザインを美しく見せ、振袖を主役として着こなせるかだと考えられるでしょう。

振袖のサイズ選びと着付けのコツ

次に振袖のサイズ選びについてですが、一般的にはS(2号)~LL(5号)までに分かれており、身長や腕の長さ、バストやヒップの大きさに合わせて決めていきます。ここでのポイントはバストとヒップがきつく見えないようにすることです。

基本的なバストとヒップのSサイズは93㎝、Mサイズは96㎝、Lサイズは98㎝、LLサイズは100㎝なので、バストとヒップを計測し、適正サイズの振袖を選びましょう。より自分の身体に合うように仕立て直す場合は、振袖の前幅は「ヒップ÷4+2cm」、後幅は「ヒップ÷4+7cm」が目安となります。

着付けのコツとしては、補正で振袖が似合う寸胴体型に近づけることです。胸が大きい方であれば和製用やスポーツ用のブラジャーを身に着ける、またはさらしを巻いて補正し、お腹が気になる方は薄手のタオルで軽く絞めつける、お尻が気になる方はお尻を締め付けてくれる補正下着を身に着けることなどで補正していきます。

また厚手のタオルを使ってしまうと変にお腹が膨らんで見え、返って太って見えてしまうことや、タオルがずれてしまったときにも目立ちやすくなるリスクがあるので、必ず「薄手のタオル」を使いましょう。そして襟元も重要で、きちんとゆとりを持たせた襟元にします。

「襟元を抜く」と言われており、後ろの首とうなじ部分をきれいに見せてあげましょう。また帯の見せ方も重要であり、帯の面積が広いと太って見えてしまうので、帯揚げを2色使いにすることや帯締めは細いものを使うことで視線を散らすことができ、帯の面積を狭く見せることが出来ます。

振袖のサイズ選びや着付けの仕方で、いかに自分らしく振袖を着こなすかということが大切です。寸胴体型に近づけられるような着こなし方をしていきましょう。

振袖の色と柄選びのコツ

次に振袖の色についてですが、色には大きく分けて暖色系と寒色系があります。ぽっちゃり体型の方へおすすめなのは、寒色系の黒、青、緑、紫などの振袖です。

理由としては、暖色系のピンクや黄色、白などは膨張色とも言われており、身体が大きく見えてしまいがちですが、寒色系は収縮色とも言われ、落ち着いた色味のために締まって見え、着痩せ効果が期待できる色であるからです。そして近年は濃い青や緑の振袖はトレンドとなっており、人気急上昇中のカラーなので、バリエーションも多く選びやすいと考えられます。

しかし、自分の好みが暖色系である場合は帯や小物の色を寒色系にすることで、全身を引き締めてくれる効果があります。そのため、振袖の色が寒色系でも暖色系でも組み合わせ方を工夫することで美しく振袖を着こなすことが出来るでしょう。

そして振袖の柄についてですが、ぽっちゃり体型の方へおすすめなのは「大きめの柄・ストライプ柄・流水文様・上半身にあまり柄がないもの」です。大きめの柄を選ぶことで身体の大きさとの対比効果が少なくなり、体型カバーに繋がります。

ストライプ柄や流れるように見える流水文様は、縦長効果によりスリムに見せてくれることや視線が上から下へと流れるため細く見せてくれます。また上半身に柄が少ないものを選ぶことですっきりさせてくれるため、着痩せ効果に繋がります。

見せたい大きめの絵柄は下に持っていくことで視線を集め、帯や小物の色遣いでメリハリをつけ、全体的にまとまった印象を与えられるように振袖や帯、小物を選んでいくことが大切でしょう。

まとめ

今回はぽっちゃり体型の振袖について紹介しました。自分の体型を活かした振袖の着こなし方を理解しておくことで、誰でも自信を持って、美しく着こなすことができるのが振袖の良さだと考えられます。ぜひ着こなしのコツを抑えて、振袖のオシャレを楽しめる振袖レンタルを活用してみてはいかがでしょうか。

【神戸】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ神戸ユースマイルゆうび苑花總きものギャラリージョイフル恵利
おすすめの特典リハーサルヘアメイクプレミアム試着長期レンタルオーダーメイドの振袖新品和装小物プレゼント
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧