【神戸】口コミでも評判と話題のサービスを厳選!おすすめの振袖・着物レンタル業者をランキング形式でご紹介します!

振袖と着物の違いは?意外と知らないその違いについて説明!

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/08/23


振袖と着物の名前そのものは頻繁に耳にするものです。現在は観光地でレンタルできることもあり、目にしたり実際に着たりする機会も多いのではないでしょうか。しかし、振袖と着物の違いを問われると、答えられない人も多いでしょう。そこで今回の記事では、振袖と着物の2つの違いについて紹介していきます。興味のある人は参考にしてください。

着物とは

着物という言葉は、和服の総称になります。種類を問わず和服であれば、着物と称されるということです。つまり、振袖も着物の中のひとつに該当します。振袖以外にも、着物には複数の種類があるのをご存知でしょうか。

どこに行くのか、どのようなシーンで着るのかによって、どの着物を着用すればよいのかが決まっているのです。留袖、訪問着、小紋、付け下げなど、種類は多岐に渡ります。多くの人になじみがあるものでは、浴衣もそのひとつです。花火大会や夏祭りで着るイメージが強い人もいますが、もともと浴衣は家庭でくつろいでいる時に着る、もっともカジュアルな着物なのです。

振袖とは

それでは、着物の中でも振袖はどのようなシーンで着るものなのでしょうか。振袖は、浴衣とは正反対に格式の高い着物です。未婚女性の第一礼装として扱われています。ここでは振袖の歴史にも触れながら、詳しく解説しましょう。

なぜ袖が長いのか

振袖の特徴は、振れるほどの長い袖丈です。踊り子が袖を振る動作で愛情を表現していたことから、振袖が生まれたとされています。この袖の長さは、時代によって変化してきました。昔は55センチメートルから95センチメートルほどと短めだったのです。

袖が長くなっていった理由は諸説ありますが、踊りをきれいに見せるため、病気などの厄をしっかり払えるようにするため、といわれています。そのような背景から、江戸末期には袖の長さが95センチメートルから122センチメートルにまで長くなりました。現在では少し短くなっており、もっとも袖が長い本振袖と呼ばれるもので、114センチメートルまでとなっています。

既婚女性は着られない

振袖は未婚女性の礼装で、既婚女性には別の礼装があります。それが留袖で、未婚時には振っていたはずの袖が、結婚後は留められるのです。これにも理由があります。

昔は女性側から、好意を寄せている男性へ気持ちを示すことは稀な時代でした。そのため、女性は袖を振ることで相手へ好意を伝えていたというのです。袖を縦に振れば「好き」、袖を横に振れば「嫌い」のようにしていました。結婚するとこのように男性に思いを伝える必要もなくなるため、未婚時は振袖、結婚後は留袖と決まっているのです。袖を留めて、夫に思いを留めるという意味ももっています。

振袖を着るタイミング

振袖は第一礼装と紹介しましたが、どのような時に着るとよいものなのでしょうか。多くの人が一番に思い浮かぶシーンは、成人式ではないでしょうか。人生に一度の大事な晴れ舞台ですから、礼装を着て、かつ厄払いの意味のある振袖を着るのは、納得がいくでしょう。しかし、成人式以外でも振袖を着られるシーンはもちろんあります。

結婚式

よく着られているのは、結婚式です。自分の結婚式に、お色直しの衣装として着るケースも珍しくありません。それ以外に、友達や親戚の結婚式に参列する際にも着用できます。ただし、花嫁が振袖を着る場合は、色や柄など被ることがないよう、事前に確認しておくことが大切です。

卒業式

振袖に袴を合わせて、卒業式で着用することも可能です。もともとは袴に着る振袖は小振袖、つまり袖が短めのものを着るのが一般的でした。しかし近年、成人式のために用意した中振袖・本振袖を合わせる人が増えています。成人式の振袖をレンタルした場合は、卒業式で同じ振袖を、袴と一緒にもう一度貸し出してくれるところもあります。せっかく気に入って選んだ振袖だからこそ、2回楽しんでみるのもよいでしょう。

袖を直して訪問着に

振袖は人生を通して着るのは難しいものです。未婚のままでも、年齢を重ねると着用しにくくなってしまうでしょう。明確な基準はありませんが、振袖の着用はだいたい20代までが無難といわれています。それなら何を着ればいいのかというと、未婚・既婚さらには年齢も問わず着られるのが訪問着です。

訪問着は第一礼装とまではいきませんが、充分にフォーマルな部類の着物に該当します。お呼ばれされた時、観劇やお茶席に行く時など、おでかけに着られるおしゃれ着として認識されているのです。振袖の袖を短く直して訪問着に変えておくと、さまざまなシーンで活用できます。柄の出方などが変わる場合があるので、プロの職人と相談しながらお直しするのがおすすめです。

 

 

振袖と着物の違いについてお分かりいただけたでしょうか。振袖には歴史や意味があるからこそ、限られたシーン・年代でしか着られない着物になっています。しかし、タイミングや工夫次第では、何度でも長く振袖を楽しめるのです。「成人式でしか着られない」と思わずに、さまざまな場面で着用することを考えながら、振袖を選んでみてください。

【神戸】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ神戸ユースマイルゆうび苑花總きものギャラリージョイフル恵利
おすすめの特典リハーサルヘアメイクプレミアム試着長期レンタルオーダーメイドの振袖新品和装小物プレゼント
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧